注目の自動車エンジン

高性能でエコな自動車とは

トップ

最近の自動車のエンジン

最近では、自動車のエンジンとして、ディーゼルエンジンが注目されています。以前は、ディーゼル車というと、黒煙が凄いといったイメージがありましたが、最近のクリーンディーゼルは、臭い、黒煙がほとんど気にならないレベルになってました。自動車のエコブームにより、ディーゼルエンジンの熱効率の高さが再注目されて、各メーカーが再びディーゼルエンジンをラインアップに加え始めました。低速から大きなトルクを発揮する特性を活かして、重機等には古くから採用されてきましたが、そのメリットの活かしつつ新たなクリーンディーゼルとして各車種にて活躍しています。

意外とエコなディーゼル車

日本では自動車が出す排気ガスの数値からガソリン車に比べ、良くない物のように扱われていた時期もありますが、海外ではガソリン車にくらべるとエコでクリーンだという認識の国もあり開発に力を入れていて、日本のものとは比較にならないほど高性能です。自動車に乗るうえで、いかにエコでクリーンかも大事ですが、実際問題として燃料費の安さや運転してて不満を感じない力強い高性能なエンジンであることも大事です。その点で高性能なディーゼル車はその条件に近いという事で見直されつつあります。気になる人は選択肢に入れてみるのも良いでしょう。